HOME>コラム>換気扇が古くなったら交換を検討してみよう

換気扇が古くなったら交換を検討してみよう

キッチン

換気扇が汚れるといろんな影響がでる

換気扇は使っているうちにホコリがついたりして汚れていきます。それによって、換気能力が低下するだけでなく消費電力も上がってしまいます。そのため、定期的にきれいにすることが大切です。ちなみに、換気扇はいろいろなところに設置されていますが、一番汚れが多く付くところとしてキッチンがあります。特に油によってフィルターだけでなくファンの部分もギトギトになってしまいます。そのため、定期的に掃除をするだけでなく状態に応じてフィルターの交換をすることも必要です。定期的メンテナンスをすることで、モーターへの負担も減り本体を長く持たせることができます。油汚れがついていると中々手が付けにくいのですが、フィルターだけでも交換すると影響を抑えることができます。そうすることで、しっかりと換気が行えるため快適な空間をキープすることができます。

作業員

交換をした方がいい目安とサイン

換気扇の掃除をしていても、使っていくうちにモーターの故障などによって交換が必要になることがあります。一般的には、スイッチを入れても動かなくなったときに交換するのですが、大体の目安があります。まずは、異音がし始めたときで、ファンの部分に汚れがついていて掃除をしても改善されないときです。音としては、ブーンというような音やキュルキュルという音は消耗している証拠となり早めに変えたほうが無難です。この場合はモーターの消耗によって音がしている場合が多いです。ちなみに、回転スピードが低下し始めた時にも交換する目安となります。そのため、外観が良ければモーターだけを変えることで直すことができます。そして、一般的な耐用年数としては15年ほどになります。